あしたの畑 2024 秋期公開

EXIBITION

サステナブルな生活の空間を土地の工法、素材と現代の思考、技法でつくる実験的なTOMORROWの活動拠点―「間人スタジオ」、

間人初のアートギャラリーとなる元織物工場―「SEI TAIZA」、

AAWAAとTOMORROWが共同で食の空間を中心に制作するアート居住空間―「間人レジデンス」、

アーティスト・テレジータ・フェルナンデス、木工職人・中川周士を中心にリジェネラティブなアート・工芸・建築作品の創造の場―「Field of Stars」を公開します。

 

会期

2024年10月25日ー2024年11月17日

11:00-16:00(火・水曜日休み)

会場

間人スタジオ、SEI TAIZA、間人レジデンス、宮のあしたの畑

主催

NPO法人TOMORROW、独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁

委託

令和6年度日本博2.0事業(委託型)

鑑賞料

1,500円(全会場共通)

鑑賞券購入はこちら

 

写真:森川昇

特別展① WILD – Life Style by the Sea 海辺の集落

 

あしたの畑の活動拠点「間人スタジオ」では、土地の風土に適したものを、生活の器を作り出す工芸作家たちが全て一から考え、大きなスケール、建材に挑む試みとして、開化堂とかみ添による新たな空間“自然の部屋”を、初公開します。また、坂本健(cenci)+楠修二による、鑑賞の合間に休憩ができる、地元の海藻食材を使ったわかめスープと発酵食品を提供します(事前予約制)。

「間人レジデンス」ではAAWAAが間人の土を使った空間作品を初公開いたします。

 

参加作家:AAWAA(COSMIC WONDER)、開化堂、嘉戸浩(かみ添)、坂本健(cenci)、楠修二

会場:間人スタジオ、間人レジデンス

 

 

写真:森川昇

特別展② Can’t we be friends? 友だちになれないかな?

 

「SEI TAIZA」は間人にある築60年を超える織物工場を改修するアートギャラリーです。ここでは4人の現代アーティストによるサイトスペシフィックの新作作品を展示します。

AAWAAによる空間作品。Ken Gun Minによる丹後の伝承をモチーフにするドローイングと刺繍による平面作品。Sangho Nohが描く丹後の遺跡や文化、ランドマークをコラージュするドローイング作品。野口里佳が間人で撮影した写真作品を展示します。

 

参加作家:AAWAA、Sangho Noh、Ken Gun Min、野口里佳

会場:SEI TAIZA

 

 

ノ・サンホ「間人」2024

特別展③ This place used to be and will be.

 

鑑賞者が間人の過去と現在、未来を感じることのできるアートマップを、Sangho Nohが間人を訪れた体験、想像の世界から織りなすドローイングとTOMORROWのインターンが調査した間人の歴史のテキストとともに作成し、限定数配布します(*HPでも後日公開予定)。

安東陽子と京都大学平田晃久研究室の学生たちは、来年度の完成を目指す、これからの間人の集落を考える模型と図面を展示します。

 

参加作家:Sangho Noh、安東陽子+京都大学平田晃久研究室

会場:間人スタジオ

 

 

写真:森川昇

また、竹野神社前にある宮のあしたの畑では、常設作品「Field of Stars」を公開します。