あしたの畑 2025 春期公開

EXIBITION

日本は、海に向かってかつて住環境を整備してきました。国際化が進み、都市に暮らすことが高いステータスの証のように考えられる昨今、孤独死、孤食が進んでいます。

「あしたの畑」は、人口の減少、過疎化が進む間人においてアートと食を通して、人が集まるきっかけを作り、学ぶ場を生み出す、土地が持つ自然の財産に気付く機会を提供していきたいと考えています。

 

会期

2025年3月1日ー2025年3月16日

11:00-16:00(火・水曜日休み)

会場

間人(未定)

主催

NPO法人TOMORROW、独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁

委託

令和6年度日本博2.0事業(委託型)

鑑賞料

1,000円

鑑賞券購入はこちら

 

METI School facade photo: Kurt Hoerbst

特別展① ゆらぎ

 

土地の魅力を再発見するために、国内外で活躍する人材を招聘、作品制作を通して、その過程において得られるアイデアを活動のクオリティ向上に取り入れる。今回は土地の材を再評価し、集落の中で豊かに生きていくノウハウを育むシステムを構築していくことを重視した、ドイツのアンナ・へリンガー、オーストリアのマーディン・ローチ、そしてAAWAAによるプランとプロセスを公開します。

 

参加作家:AAWAA、Anna Heringer+Martin Rauch、その他未定